読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン好人の実用知識

パン好きのための実用知識

スポンサードリンク

キャンバス(布地)


 
 主に、ハード系のパンを成形した後に使用します。
 生地が布に触れている部分は適度に水分を奪われ、発酵後生地を天板に移す時の作業性を向上してくれます。

 また、生地が重力に負けて広がらない為のものでもあります。

使い方

 使い方は、成形した生地を置きひだをよせてその隣にまた成形した生地を置いてつかいます。

購入先

 余り厚みがあると扱いにくいので薄手の物をお勧めします。

 手芸店などで手軽に購入できますので気になる方は購入してみてはいかがでしょうか。

 サイズは幅40cm程度、長さは60~100cmあれば十分だとおもいます。

生地を取るときは

 私は、フランスパンを焼くとき番重の中にキャンバス地を敷いて使っています。
 発酵後生地を取るときは、ダンボールを適当なサイズに切ったものを利用して生地をダンボールの上に反転させて取り、天板の上に持って行きコロンと元に戻すように転がせて乗せます。
 
 その内、機会があれば動画を使って解説しようと思います。

f:id:t-sato-1211-a:20151025141720j:image


スポンサードリンク