パン好人の実用知識

パン好きのための実用知識

スポンサードリンク

クルミくるみ胡桃


f:id:t-sato-1211-a:20151105210511j:image
 クルミをパンに混ぜ込むとき、皆さんはどのように下処理してますか?

 軽くローストするのが一般的でしょうか。

 実はクルミの下処理は人それぞれ違っているようです。

いろんな下処理

 本などで良く見かける軽くローストするですが、焼く温度も180℃だったり160℃だったり。
 それぞれ、意味があるようです。

 180℃はやや高温です。香ばしさが強調されます。
 160℃はじっくり焼いてクルミの甘さを強調します。

 一方で、空焼きを行わない人もいます。
クルミそのものの味がいきてきます。

 さらには、水に浸けておく人もいます。
 焼いた後、クルミがパンの水分を吸って硬くなるのを防ぐ効果があります。

まとめ

 この様に、クルミ一つとっても作る人によって様々な下処理の方法があります。
 どれが優れているというものではなく、どれも美味しいパンを作るため考えられた方法だということです。

 いろんな、下処理を試してみるのも面白いかもしれませんね。
広告を非表示にする

スポンサードリンク