パン好人の実用知識

パン好きのための実用知識

スポンサードリンク

パンの冷まし方


f:id:t-sato-1211-a:20151107162714j:image
焼きたてのパンは美味しいですよね。

特にフランスパンは最高です。
私は、バターを付けて食べるのが大好きですが最近は身体も心配なのでオリーブオイルとちょっと塩をかけて食べます。

 そんな美味しい焼きたてパンですが、まさかオーブンから出したてをほおばる人はいないと思います。
 口の中が火傷してしまいます。

 仮に火傷しないまでも、実はそんなに美味しくないと思っています。
 それは、少し冷まさないと水分が安定しないからだと言われています。

 ご飯の蒸らしに相当する時間が必要ということですね。

 そこで、皆さんはどの様にパンをさまして8ますか?

 天板の上でしょうか?
 天板の上では、余熱で水分が飛びすぎて冷めた時固くなってしまいます。

 お皿の上やお皿の上に紙を敷いて置いたりしているでしょうか?
 これは、お皿や紙に接している部分が湿りすぎてしまいます。

 一番良いと思う方法は、すのこの上に置くのが良いでしょう。

 自然に全体がちょうど良く水分が安定します。
 水分が安定したら、出来れば紙袋の保存が好ましいですが、菓子パンやバターロールなどはプラ製の袋やポリ製の袋でもよいでしょう。

 今日は、パンの冷まし方について書いてみました。袋詰めのタイミングも大事です。あら熱が取れて、乾燥が始まる前が理想的ではないかと考えます。

スポンサードリンク