パン好人の実用知識

パン好きのための実用知識

スポンサードリンク

パン・ド・セーグルとパン・オ・セーグル



f:id:t-sato-1211-a:20151114220954j:image
 パン・オ・セーグルは以前レシピをアップしましたが、よく似た名前のパンでパン・ド・セーグルというパンがあります。

 うろ覚えで記憶していたので今一度確認してみたところ、あら大変まちがってたと非常に驚きました。

 それでは、どのような違いのあるパンかご説明いたします。

パン・ド・セーグル

 セーグルとは、ライ麦のことです。
 直訳するとライ麦のパンとなるでしょうか。
 ライ麦を配合したパンの総称で使われることもありますが、厳密にいうとライ麦を65%以上配合したものをいうそうです。

パン・オ・セーグル

 一方、”オ”の方は、直訳するとライ麦入りのパンでしょうか。
 こちらは、ライ麦が65%より少ないものになります。

まとめ

 単純明快でライ麦の配合で変わるのです。
 私がどのように勘違いしていたかといいますと、本をしらべていると35%以下をパン・ド・セーグルというと書いていたのでびっくり!
 しかし、良く読んでみると小麦粉が35%以下と書いていました。
 単なる、早とちりでした。
パン・ド・セーグルの参考配合を貼っておきます。

スポンサードリンク