読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン好人の実用知識

パン好きのための実用知識

スポンサードリンク

カスタードクリームのコツ


f:id:t-sato-1211-a:20160130163253j:plain


 カスタードクリームの舌触りがザラザラしてしまうことがあります。
 これは、卵黄が早い段階で加熱されて起こるようです。

 また、牛乳にバニラスティックとグラニュー糖を入れて加熱するとき沸騰させてしまうと起こることもあります。

 やはり、手順や加熱方法をしっかり守ることが対策になるでしょう。

 舌触り滑らかにしあげるために幾つかポイントを上げていきます。

  • 最初の段階で牛乳を加熱しすぎない
  • 牛乳と卵黄を混ぜるとき、牛乳を注ぎながら攪拌し続けること
  • 炊き上げはしっかりと沸騰するまで加熱する
  • 炊き上げた後、氷水で急冷すること

以上を守ることでかなり改善されます。

更に、小麦粉をコーンスターチに変えたり炊き上げ後バターを混ぜ込んだりするとさらに風味よく滑らかに仕上げることができます。

コシが抜けて困る場合は、ふやかした板ゼラチンを1枚炊き上げ後に混ぜ込むと改善します。

お試しください!
カスタードクリーム

スポンサードリンク