パン好人の実用知識

パン好きのための実用知識

スポンサードリンク

アクシデントへの対処法

今日は、センサーの不具合による機械トラブルが起きました。

皆さんは、こんなときどのように対処されていますか?

今日のトラブル

センサーの位置ズレにより本来停止すべきローラーが停止していませんでした。

全自動式の機械の為、私は現場を離れ他のセクションのヘルプに行っていました。

結果、ローラーが僅かに動き続け生地が詰まってしまい除去困難となりました。

私の対応

発見時、すぐに除去を試みるも困難とわかりライン担当に報告しました。
その後、数名に状況を説明して助けを求めました。

3名で除去作業を行い、20分で除去が完了し通常作業に戻りました。

反省点

やはり、現場を離れるときの確認作業の怠りが大きいと思います。

現場を離れるときは機械の停止を確認すべきだったと思います。

まとめ

今回は、20分のロス程度で済みましたが機械の破損や従業員の怪我にも繋がりかねない事案でした。

良かった点として、直に報告し連携を取り被害を最小限に抑えることが出来たことが挙げられます。

トラブル時は気持が動転して、冷静さを失いがちです。

とにかく、多くの人にトラブルが発生した事を伝えるのが良いと考えます。

日頃からコミュニケーションが取れていれば、円滑にリカバリーできていくと思います。

トラブルやアクシデントは隠そうとせず、多くの人に知って貰うのが良い方法ではないかと改めて思いました。

製造業に携わっている方は、ご参考になさって見てください。

スポンサードリンク